1. HOME
  2. ブログ
  3. オンラインレッスンについて

オンラインレッスンについて

当教室では、ZOOM、Skype、FaceTime、LINE等の、ビデオ通話が出来るソフト、アプリを使い、オンラインレッスンにも対応しております。
料金は自宅マンツーマンレッスンと同じです。

デメリットもありますが、メリットもたくさんあるオンラインレッスン。
ご希望の方の環境に極力合わせて対応致します。
初めてで環境の作り方、接続の仕方などがわからないという方にも丁寧にお教えしますので、お気軽にご相談ください。

【料金】

オンラインレッスンの料金は、対面でのレッスン料金と変わりません。
初めてオンラインレッスンをされる方、接続環境の確認や使い方の説明などで、初回は接続テストとして無料にて対応します。
まずは繋いでみましょう!

レッスン料金の詳細ページへ

【メリット】

オンラインレッスンのメリットは、何と言っても遠く離れていてもレッスンを受けられること。
そしてレッスン会場に行く時間と費用を節約できることも大きなメリットです。
こちらの都合さえ合えば、隙間時間でもレッスンを受けられます。

この記事を書いている2020年4月10日現在、世界中で新型コロナウイルスが猛威を奮っています。
初の緊急事態宣言も発出され、音楽業界は本当に大きな大きな打撃を受けています。
苦しんでいる人は他にもたくさんいると思いますが、フリーの音楽家にとって、ライブができない、面と向かってお稽古が出来ない、という事態は途轍もない打撃です。
しかし、元々自分の力で頑張っているフリー音楽家は、こういう事態でもタフで前向きです。
皆それぞれできる対策を施し活動し、活動できなくても先々を考えバージョンアップしています。
そんなこともあって、最も安全にお稽古ができるオンライン環境を導入している先生が増えています。
『遠くて会えないと思っていた憧れのあの先生に習える!』
そんなことが可能です。

【デメリット】

オンラインレッスンのデメリットは、お互いの生音が聞けないこと。
同じ空間で、音色、音量、佇まいといったことを肌で感じられないこと。
これは一番のデメリットです。

ハード面では、パソコンの場合ウェブカメラやマイクを用意する費用。
そもそもパソコンやタブレットを持っていない人、設定がわからない人にはハードルが高い。
音や映像が途切れたり、通信速度や性能による問題があります。

また初心者の方の場合は、唇の形や息を当てる角度などをよく見ながらこちらで調節してあげることが出来ません。

ですのである程度演奏できる人が、曲のアーティキュレーションを学んだり、どのくらい進捗したかなどを確認するレッスンでしたらとても有効です!

【必要な機材】

・まずはパソコンorスマートフォン

オンラインレッスンは、パソコンかスマートフォンを利用します。
出来るだけパソコンでの接続がオススメです。
スマホでは画面が小さく、音量もスピーカーにしても小さかったり、音質が悪くスムーズな通話がしづらいです。
また映像や音声などの調整が、パソコンでの方がより細かく調整できます。

音声の細かな調整というのは音楽のレッスンをするにあたってとても重要で、連続的に音がなっている状態をコンピュータはノイズと判断して途中から音量を下げたり、途切れたりする現象が起こることがあります。
これでは演奏をきちんと聞くことができないのでレッスンになりません。
その自動ノイズ除去を解除する設定が、スマホでは出来ないことがあります。

・次にウェブカメラとマイク

比較的新しいパソコンにはカメラとマイクの機能は実装されていることがほとんどですが、もしお使いのパソコンに付いていない場合は、外付けのウェブカメラとマイクが必要です。
マイクに関しては、ウェブカメラは当然会話も目的に作られていますのでマイクが備わっていることが普通だと思いますので、そういうものをお買い求め頂ければマイク単体は必要ありません。
*2020年4月現在はテレワークが増えたため、ウェブカメラの品薄が続いています。

・次にマイク付きイヤフォンorヘッドフォン

音を聞くという意味で、パソコンもしくはスマホの場合でも基本的にスピーカーは付いているので、イヤフォンなどはなくても成立します。

でも、イヤフォンヘッドフォンの使用を強くお勧めします!

機器本体のスピーカーは小さいですので、例え音量的には十分でも音質が悪く、お互いの声と音がきちんと聞こえなかったりします。
普通のおしゃべりだったらそれで全然問題ないですよ。
ただし音楽のお稽古をするとなったら、きちんとお互いの会話と音に集中しないといけません。
またスピーカーから出た音がそのままマイクにも載っているはずで、それを回避出来るため、相手に聞こえる音声はよりクリアになります。

ちなみにスピーカーから出た音をマイクが拾って、それが延々と繰り返してループしてしまう現象をハウリングと言います。
カラオケ等でスピーカーにマイクを向けてしまったり、講演会などで講師がマイクを持ちながらうっかりスピーカーの前を横切ったりした時に、ピー!とかふわー!(擬音がわからない笑)となる、あれです。

・Wi-Fi環境

オンラインレッスンにWi-Fi環境は必須です。
パソコンの方はすでにWi-Fiでデータ通信をしている方が多いと思いますが、昔からずっと同じ環境で変えたことがないという方は、ADSLなどの有線接続の方もまだいらっしゃると思います。
何れにしても、パソコンの場合はこれで大丈夫です。

問題はスマホをお使いの方で、まだご自宅にWi-Fiを導入していない方は、データ通信を携帯会社のパケットに依存することになります。
この状態でオンラインレッスンを行うと、相当な通信料を使いますので、請求が高額になる可能性があります。

もしくは月のデータ量を使い切って低速モードになるなどするかもしれません。
Wi-Fiの方が通信も安定しやすいので、ぜひWi-Fiも整えてそれに接続してください。

【お勧めのソフト、アプリ】

冒頭でも少し触れた通り、ビデオ通話のソフトはZOOM、Skype、FaceTime、LINE等、様々あります。
それぞれ良し悪しがあり、お互いの環境によって使い勝手も差が出てきますので、一つずつご紹介します。


ZOOMの場合

ZOOMはオンラインのセミナーなどにも使える多機能なソフトです。
講師であるホストがミーティングルームを開き、そこに参加するためのIDもしくはリンクを参加予定者にメールでお知らせします。
参加希望者はZOOMのソフトをインストールし、参加日時にリンクをクリックするだけで参加できます。

参加者はZOOMにアカウントなどを作るサインアップの必要がないので簡単に利用できます(重要)
ZOOMのセキュリティの脆弱性が指摘され、本社も認めています。
個人情報が抜き取られるといった事例もあるようで、参加者はアカウント登録とクレジットカード情報の入力などしないようにお願いします。

それさえ除けば映像の遅延などもめだってなく、機能も豊富で大変良いソフトだと思いますが、その分設定が少しややこしいです。
音楽をスムーズに伝達するのにノイズ除去設定を見直すなどが必要で、適切に行えばスムーズにやり取りができますが、スマホ版ではその細かな設定が出来ません。
かろうじてレッスンが出来ないことはない程度には改善できますが、ストレスです。

結論
ZOOMはパソコン同士で設定をきちんと出来ればとても良い!

ZOOMのダウンロードはこちら

https://zoom.us/download


Skypeの場合

Skypeは定番のビデオチャットアプリです。
たまに遅延があったり、速度が上がったり下がったりすることがありますが、音声に関しては特に設定をしなくてもそれなりに問題なくやり取りできます。
機能が少ない分、扱いやすいです。

ただしZOOMと違い、こちらは生徒さんにおいてもアカウントの作成が必要です。
セキュリティの問題は聞いたことがないので大丈夫だと思います。
そしてそのアカウントをあらかじめお互いに把握する必要があります。
Skype内で、お互いを友達に追加しておくような感じです。

Skypeは、片方がパソコン、片方がスマホの場合でも、比較的安定して通信ができます。

結論
生徒様がスマホを利用される場合、パソコンでも難しい設定を省きたい時はSkypeが有利!

Skypeのダウンロードはこちら

https://www.skype.com/ja/


FaceTimeの場合

FaceTimeは、Apple製品同士(macパソコン、iPhone、iPad組み合わせはどれでも)で利用できる通話、ビデオ通話の機能です。
これは機能が少なく難しい設定が何一つ必要ありません。
音声も、会話、楽器の演奏ともにとても安定してやり取りができます。

繰り返しになりますが条件として、お互いがApple製品のいずれかで接続できること。
そして事前に電話番号か、iCloudに登録しているメールアドレスを把握することが必要です。

結論
Apple製品同士だったら、FaceTimeがベスト!!


LINEの場合

これに関しては、実はこちらではまだ実績がありません。
おそらく通話に関してはストレスなく出来るのではないでしょうか?
日頃からLINEでメッセージを送ったり、テレビ通話をしている方も多いと思いますので、操作で悩むというデメリットはほぼないと思います。

問題なのは、演奏をした時の音声の状態です。
zoomのように途中で音量が下がったり、音声が途切れたり、といったことがあると、いくら使いやすいとは言えNGです。

結果
LINEに関しては当方家庭内で実験をしてみますので、結果が分かったらまた更新いたします!


以上が主だったオンラインレッスンの接続方法になります。

しかし他にも通信アプリ等はたくさんありますので、生徒さんのご希望で他の接続方法があれば、ご相談の上こちらでも柔軟に対応致しますのでお知らせください!

それでは、オンラインレッスンのお問い合わせお気軽に!
お待ちしております!

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    関連記事